婦人

どこでも需要のある日本語教師の仕事|資格取得で役に立つ

聞くことからはじめる語学

ウーマン

聞くことを重視する外国語学習教材がスピードラーニングです。これは、時や場所を選ばないで外国語が習得できる優れたものです。教材には、CDに録音されたものとデジタル配信される2種類あります。デジタル配信の方は、CDよりお安くなっています。

もっと読む

日本でも海外でも役に立つ

勉強道具

取得方法は

日本語教師とは聞いたことがあるけれど、どういうお仕事なのかと思われる方も多いかと思います。簡単にいうと、私たちが外国語を学ぶと同じように外国人に対し日本語を教えるのが日本語教師です。また日本語を母語とされない方を対象とするため、日本の文化なども併せて教える必要があります。ではどのような方が日本語教師の資格を取得することができるのでしょうか。日本語を母語とする日本人は、日本語を使い話すことができるからといって誰もが日本語教師になれるわけではありません。日本語教師の資格取得には大きくわけて3つあります。1つは、大学で主専攻あるいは副専攻の日本語教育科目を履修し、卒業していること。2つめは、日本語養成講座にて420時間以上の教育をうけていること。最後に3つめは、日本語教育能力検定試験に合格することです。専門の学校に通わなくても資格取得ができるのが、目指しやすいです。

就職先は

外国人に日本語を教えるからといって、就職先が外国だけとは限りません。日本に留学や働きにこられた方、またその家族を対象に日本でも日本語教育を必要とされる方がたくさんいます。そのため、日本国内での就職も可能です。現在、日本語を学ぶ方が増加傾向です。外国だとアジアを中心に学ばれる方が多いようです。少し古いデータではありますから1998年から2012年の15年間の間だけでも日本国内で日本語を学ばれている方は1、6倍に増え、海外で日本語を学ばれている方はそれ以上の1、8倍とされています。そのため、海外で少し働いてみたいという方でも、帰国後も就職先に困りません。また海外転勤の夫をもたれている方もこの資格があると転勤先でも仕事に困られることはないでしょう。

ステップアップを図る

女性

益々、高度化する現代社会で、多様なニーズに応えるための専門的なスクールは支持されています。コミュニケーション能力の高さが評判の大阪では、英会話スクールが圧倒的に人気で、ビジネス会話、日常会話など、様々な学びをレクチャーしてくれます。

もっと読む

初心者でも使いやすい教材

CD

スピードラーニングは、聞き取りとメインとした英語教材です。日本人の聞き取りやすいスピードに合わせた英語を用いており、初心者でも取り組みやすい工夫がなされています。繰り返し聞くことで、徐々に効果が表れる特徴があります。

もっと読む